敬老の日の由来・起源

敬老の日の由来は諸説あります。

歴史上の由来としては、聖徳太子が老人や病人向けの施設「悲田院」を作った日である、元正天皇が養老の滝に行幸した日、もしくは高齢者に贈り物をした日であるなどの説があります。

祝日としての敬老の日が誕生するきっかけとなったのは昭和22年、兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町)で行われた敬老会でした。

戦争に子供を送り出し、精神的に疲労していた親の想いに報いるため、9月15日を「としよりの日」として敬老会を催すことにしたのが始まりです。

この「9月15日」という日程は、農閑期であること、気候が良いことに加え、先ほどご紹介した養老の滝の伝説に基づいたものだということです。

その取り組みは村から県、県から国へと広がり、昭和41年は国民の祝日に関する法律が改正され、9月15日が「敬老の日」と定められました。

敬老の日は「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。

平成15年にはハッピーマンデー制度の実施に伴い国民の祝日に関する法律が改正され、敬老の日は9月の第3月曜日に変更になりました。

 


ランキングから選ぶ

2021年9月28日 更新

敬老の日ギフトランキング

 

敬老の日jp編集部のおすすめ記事

敬老の日には日本を代表する「安代&花巻」産のリンドウを贈りませんか?
目玉おやじならぬ!「おやじ松」松ぼっくりからニョキニョキ伸びた松の木の盆栽。植物の不思議 松の親子のユニュークな饗宴
お取り寄せサイトでランキング1位を獲得した北海道の極上海産セット!「島の人」が提案する敬老の日海鮮グルメギフト
敬老の日にはお金だけで買えない心のこもったプレゼントを!スマホで簡単に作れる、世界にただ一つのオリジナル敬老の日ギフト
敬老の日の専門メディア「敬老の日.jp」編集部が厳選。コロナ禍で安心安全に過ごすための「敬老ギフト」6選
おうち時間を明るく過ごすための敬老の日ギフト 3選
敬老の日ギフトに関するアンケート調査 2020年版(敬老の日.jp調べ)
コロナ禍で会えない敬老の日に「写真入りカード付き お花とスイーツのギフトセット」を贈りませんか?
千葉県の特産品を使った美味しい逸品!8つの味が楽しめる「南総里見八犬伝 ジェラート」敬老の日ギフトセット
会いたくても会えない敬老の日。思いっきり贅沢な「敬老の日限定 グースダウン極上まくら」で、おじいちゃんおばあちゃんの健康を応援
今治産のガーゼマスクを敬老の日ラッピングでお届け。今年は「敬老の日マスク」 で、おじいちゃん、おばあちゃんの健康を気遣う「思いやり」のプレゼント。
荷物が軽く感じる魔法のショルダーパッドで、おじいちゃんおばあちゃんの毎日をサポート!贈り物に最適な「敬老の日ショルダーパッド」が登場!

敬老の日に関するアンケート調査

敬老の日ギフト調査データ

タイトルとURLをコピーしました